大可堂普洱会所

上海のお気に入りの場所、大可堂普洱会所を紹介します。
普洱とはプーアール茶のことです。

元は国民党幹部の邸宅だったということもあり、非常にクラシカルで上品な雰囲気。
a0244260_22361910.jpg

a0244260_22363539.jpg
お店には、8g100元(約1200円)前後の手ごろなものから、22000元(約27万円)のすごく高価なものまで、さまざまな種類のプーアール茶が用意されてます。

お茶には、ドライトマト、ごまクッキー、ピーナッツとひまわりの種がついてきました。
a0244260_2238057.jpg
今回は、日本人とフランス人の3人で行ったのですが、3人ともごまクッキーが美味しいと一致。
日本人の友人は、プーアール茶は象みたいで飲みにくい(臭いってことかな?)と謎なことを言ってました。
確かに普通のお茶と比べると飲みにくいかもしれませんが、プーアール茶は胃の健康を維持する効果があるんですよ。

ゆっくりおしゃべり出来る大好きな場所です。
a0244260_22415373.jpg

a0244260_0403927.jpg

[PR]
by wuyue_satsuki | 2012-02-02 10:30 | 中国のこと


お料理、手作りのものなどの備忘録です。


by satsuki

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

お弁当
at 2012-08-27 10:00
8月
at 2012-08-26 18:45
ちょっとだけ載せちゃいます
at 2012-07-05 14:40
梅ジュース
at 2012-06-10 14:13
nicoドーナツ
at 2012-06-07 20:35

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

カテゴリ

全体
日々の記録
今日のごはん
手作り
中国のこと
旅行
未分類

タグ

(6)

web graphics
by Night on the Planet

その他のジャンル

脱税事例

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
30代

画像一覧